身体を温めると、どんな効果があるの?

冷えは万病の元


「冷えは万病の元」といわれ、単に身体が冷えるということだけではなく、さまざまな不調や病気を引き起こしてしまうのです。
また、体温が1度下がると、代謝は約12%落ち、免疫力は30%以上も低下するといわれています。そうすると内臓の消化力も、病気と闘う免疫力もよく働きません。その結果、疲れがたまったり、肥満や高血圧などさまざまな不調が出てしまうことになるのです。

身体を温めると、どんな効果があるの?


身体を温めることにより、血液の循環がよくなります。血液の循環がよくなると、老廃物が体外に排出されて、血液も身体の中もキレイになっていくのです。そうすると、細胞に必要な物質が届きやすくなり、細胞が活性化して、新陳代謝もよくなり、痩せやすい体質にもなっていきます。

チャンダの溶岩スタジオでヨガや溶岩浴を行うことで、血行を促進し、冷えた体をじっくりと温めてくれ、保湿効果も高いので乾燥した肌に潤いを与えてくれます。

また保温効果が続くだけでなく、腎機能を高めて余分な水分も排泄するため、より冷えにくい身体になるのです。

ぜひこの冬は、チャンダの溶岩ホットスタジオで冷え性を改善して、健康増進や美容のために、ぜひお越しくださいね。

関連記事

PAGE TOP